心配で旅行をした島根の出会い

 

私は遠くから太平洋に旅行しました

このビーチまで時間をかけて

高さあたりの荒波

島根の出会い

強い潮風

 

心配そうに、私は襟を立っていた

背中を丸めて

島根の出会い
乾燥しながら、子供のように

つかまれた砂の頬

 

「あと一日だけ

私はこのようにあなたと一緒にいたいです。 「

そう、あなた

 

島根出会い

 

結ばれた蛾の長さは

きっと変わらない

心の距離はいつも同じです

体が遠くにあっても

心の距離はいつも同じです島根の出会い


そんな安らぎができない言葉

聞こえない


ビーチへのステップバイステップ

私の背中は "私はばかだ"と言っている

島根の出会い


穏やかな夜だけでなく

見事な、感情的な夜

毎晩繰り返される

毎月綾瀬に溺れています


いつもの日常生活の中で

二人が向かい合って、戻って島根の出会い

 

コメント