上野でいつも議論します


「上野ームバティスタへの栄光」上野
物語は、ある人が霊に会って言葉を持っていると私に言った。私はこの分野に興味があり、いつもそれを読んだり読んだりすることなく、他の場所で精神の利益を議論します。彼の話はこのようなものです。上野は友人とカラオケボックスだったと私は誰の間で誤解された上島珈琲店 黒田記念館店(上野)

女性があったことに気づいた。帰り道に私の家に手紙を送って電話しました。彼女は申し出を拒否しているようだが、毎晩彼にそれを明らかにする。何かのようなもの。しばらくの間、精神の存在について話した後、私は質問をしました。 "あなたは彼女が精神であることを証明できると思いますか?" "彼は言った。"考えないでください。それを証明し、あなたは何をしていますか?しかし、私はそれを見た。彼は上野が賢いと思った。あなたはそれを共感したり拒否したりする必要はありません。真実は自分のためだけにしてください。

 

"沈黙はお金です

コメント