問題を上野で抱えている人

この世に生きる可能性の低い人は都会に住むのが良いかもしれません。上野を出る必要がない人は幸せです。第二の故郷を作ることは良いかもしれない。
どこにでも耆曚あります。それは、どこにでも私の骨を埋める土地があることを意味します。故郷は、上野、川、海、兄弟、仲間がいる場所です。それで、私は新しい家を持つことができるように感じる。心に来るものはありません。しかし、ロミオとジュリエットのように、私は恋人を貫く永遠の愛がいいと思う。精神病の人にとっては、過去には寒かった。心臓の問題を抱えている人は今では一般的になります友人、恋人、困っていることを話したい家族がいれば、それはまた故郷です。私の故郷は私の心の痛みを癒す場所なので。

上野 Didot

今何らかの理由で

私は生のピアノで「卒業」をするコーヒーショップでコーヒーを飲んでいます

ガラスの雨のパターンの外の風景
なぜ上野 ...

コメント